スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Day Trip to Esashi/江差日帰り旅行

Esashi town is a capital of Hiyama subprefecture. It is located on the Sea of Japan coast and once flourished as a fishing port that marked an enourmous catch of herrings. It takes about one hour and half by car from Hakodate and it's a recommendable place for one day trip.
Heishi Rock

江差町は桧山支庁の所在地です。日本海側に面していて、かつてはとんでもない量の漁獲高を誇るニシン漁で栄えた町です。函館からは車で約一時間半の場所にあるので、日帰り旅行におすすめの場所です。
In the photo above, you can see masts of a ship behind a rock. It is a replica of a wrecked battleship, Kaiyoumaru(開陽丸), which was built in the Netherlands and bought by the Shogunal government at the end of Edo period. The ship arrived at Yokohama just before the last shogun of Edo government returned its power to the Emperor.
上の写真では岩の向こうにマストが見えます。それは復元された戦艦、開陽丸のものです。江戸時代の末期にオランダで作られ、幕府が購入したものです。船は大政奉還のほんの少し前に横浜に到着しました。

Takeaki Enomoto, who was a leader of rebels against the emeperor and a captain of the Kaiyoumaru ran away to Hokkaido. But the ship was lost in the storm offshore of Esashi. The ship was built in the latest model and the newly formed Imperial government feared its power and was reluctant to pursue the rebels for it. So the leader Enomoto was really shocked seeing his ship sinking. The photo below is a pine tree that Enomoto and his fellow Hijikata punched crying with chagrin.
旧幕府軍のリーダーで、開陽丸の指揮官でもあった榎本武揚は北海道に逃亡しました。が、船は江刺沖で荒らしのなか沈没してしまいました。船は最新モデルももので、新政府軍はその力を恐れて追撃をためらったといいます。それゆえに、沈みゆく船を見た榎本のショックは計り知れないものでした。次の写真は榎本とその仲間の土方が拳をぶつけて嘆いた松です。
嘆きの松

Now restored Kaiyoumaru houses a museum and you can learn a lot about the battleship. Entrance fee is 700yen for adult and I bought a combination ticket for this ship museum and a herring mansion, a residence of Yokohama Family. A combination ticket costs 800yen and the entrance for the residence of the Yokoyama costs 300yen. So if you are going to both facilities, you can save 200yen.
復元された開陽丸は現在博物館になっていて、その戦艦についてたくさん学ことができあmす。入館料は大人700円で、私は鰊御殿である横山家との共通券を購入しました。共通券は800円で、横山家の入場料は300円です。もし両方行くのならば、200円の節約になります。
Kaiyoumaru

Entrance fee/入場料
for the battleship Kaiyomaru/開陽丸 700yen
for the residence of the Yokoyama/横山家 300yen
Combination ticket for both facilities costs/共通券 800yen.

Inside of the ship, many salvaged products are on display and you can learn a lot about the ship through videos and photoes.
船の内部には多くの海中から引き上げられた物が展示されています。ビデオ、写真などを通して船について多くのことを知ることができます。
canons

Mannequins are used to show how sailors worked with guns and rebel leaders spent in the ship.
船員たちがどのように大砲を打っていたのか、反乱軍のリーダーたちが船でどのように過ごしていたのかがマネキンを使って紹介されています。
hammock

You can try to lie on a hammock and touch salvaged cannonballs.
ハンモックに横たわったり、引き上げられた砲弾にさわったりできます。
After leaving this museum, I walked to the residence of Yokoyama Family, it took about 10 minutes.
この資料館から出て、歩いて10分ほどのところに横山家があります。
Yokoyamake

The photo above is the residence of the Yokoyamas. With 300yen, you can see inside and warehouses that are attached to the residencial area.
上の写真は横山家の住宅です。300円で中に入ることができ、居住区とそれに併設した倉を見られます。
inside of the Yokoyamas

Next to this building, there is a restaurant which specilizes in buckwheat noodle with a sweetly flavored piece of herring. It is called Nishin soba and I had it as lunch. A portion costs 900yen.
この建物の隣に甘く味付けされたニシンを添えた蕎麦を専門にしたレストランがあります。ニシンそばと言われるもので、お昼に食べました。一人前900円です。
nishinsoba

After having lunch, I visited another herring mansion, a residence of the Nakamuras. It took about 5 minute walk from the residence of the Yokoyamas, I think.
昼食の当て、もう一つの鰊御殿、中村家に行きました。横山家から歩いて5分くらいだったと思います。
Inside of the residence of the Nakamuras

Entrance is also 300yen. Entering the building, a guide talked very fluently about the history of the house and explained very well about what we should see, but in Japanese.
入場料はここも300円です。建物の中に入ると案内の方がとても流暢に建物の歴史について話、何を見るべきか教えてくれます。日本語ですが。

Both residences are old and they were built more than a hundred years ago. I liked both and I think it's worth paying 300yen.
どちらも古く、100年以上前に立てられたものです。どちらも面白く、300円を払う価値はあったと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。