スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kajiwara Konbuten/梶原昆布店

Konbu has been one of the important export products in Hokkaido. In medieval time in Japan, Japanese samurai society applied rice salary system. But until 20th century, rice cultivation was impossible in Hokkaido because of its cool climate. So Kombu kelp substituted rice in Hokkaido.

Kelp is still an important commercial product of Hokkaido and at this shop, you can find and get various kelp related products.
apperance of Kajiwara Konbuten

Kajiwara Konbuten
23-12 Toyokawa-cho, Hakodate
Tel: 0138-22-5976 Fax: 0138-26-4746

You can get to this shop easily from Jujigai tram stop. Get off the tram and walk back toward the direction of JR Hakodate Station along the street with tram rail. You will find the shop on your left in 5 minutes.

Inside of the shop you can find various kelp related products and if you are lucky, you can see how to produce Tororo Konbu, or thinly sliced kelp sheets in its traditional way.
inside of the shop

how to make tororo

The photo above is the scene how to make tororo konbu. Tororo konbu is made by shaving the surface of a dried kelp. It is soft and looks like cotton candy though the taste is naturally different. You can eat it as it is, and we usually eat it puttin in miso soup.

My recommendation is hand-shaved tororo konbu made from Gagome konbu. A palastic bag of 50g-gagome tororo costs 525yen. Gagome is a volunteer kelp in southern coast of Hokkaido and it is rich in nutrition and pitcher than other kinds of kelp.

Other recommendation is dried kelp powder. We call it konbu-cha(昆布茶)and drink it adding boiled water as a kind of drink. You can use the powder as stock and it goes well with seafood. Some people use konbu powder when they cook seafood pasta using the powder instead of salt.

You can get konbu-cha at any supermarket in Japan. How about trying Konbu-cha for your cooking?

昆布は北海道の重要な輸出品のひとつです。中世の日本において、日本の武家社会は米をお給料のベースとしていました。しかし北海道ではその冷涼な昨日のため、20世紀まで米作は不可能でした。そのため北海道では昆布が米の代わりを果たしていたのです。

昆布は今でも北海道の重要な商業輸出物です。このお店では色々な昆布商品が手に入ります。
梶原昆布店
函館市豊川町23-12
Tel: 0138-22-5976 Fax: 0138-26-4746

このお店には、十字街電停から簡単に行けます。電車を降りたらJR函館駅方面に電車道路に沿って歩いて下さい。5分以内に左側にあるこのお店に着けるでしょう。

お店には様々な昆布関連商品があります。運がよければとろろ昆布といって、昆布を薄く削ったものが従来の方法で作られているとこを見れるでしょう。

写真はとろろ昆布を作っているところです。とろろ昆布は乾燥した昆布の表面を削って作ります。やわらかくて綿菓子のように見えます。味は違いますが。そのままで食べてもよいのですが、日本人が食べるときはたいてい味噌汁の中に入れて食べます。

私のお勧めは手で削ったがごめ昆布のとろろ昆布です。50g入りで525円
です。がごめ昆布は北海道の南沿岸に自生していて、栄養価に富み、他の昆布よりも粘りが強い昆布です。

もう一つお勧めするとしたら乾燥した昆布の粉、昆布茶です。それに熱湯を加えてお茶として飲みます。スープストックとしても使えるし、シーフードに良く合います。昆布茶をシーフードパスタを作るときに、塩の代わりに使う人もいます。

昆布茶は日本ではどこのスーパーでも手に入るので試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。