スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bears as Gods/神としてのクマ

All bears in Hokkaido are brown bears and they are widely found in the Northern Hemisphere from Europe to Siberia, Mongolia and North America. They are the same as grizzly or gray bears. Bears in Honshu, the main island of Japan, are black bears and they are different from the ones in Hokkaido. Bears in Hokkaido have been regarded as "the biggest beasts of the island" and "enemies of pioneers".
bears

However, for the native Ainu, bears are kamui, or gods who bring fur and food to them.
Ainu people

Ainu people/アイヌの人たち

A festive ritual that is held to send a bear's spirit back to the land of gods is called Iyomante(Bear sending) and is very importaint for the Ainu.
for bear ritual


According to a local newspaper's column, it is "a ritual for expressing gratitude for the blessing of the gods, welcoming the bear god's visit to our world and sending him back to the land of the gods." I found a good story at the Brown Bear Museum to understand the coloumn better.

The title was "The Bear God who wants to listen to Yukara, or an Ainu folk story." The bear god was welcomed to an Ainu village led by Princess Pine-Tar and Princess Aconite. Soon pine tar adhered around his feet and he was intoxicated by a good fragrance of aconite and fell asleep. When he woke up, he found himself dead. He was shot by an arrow that contained aconite poison and pine tar inside. But his spirit remained. The spirit was celebrated by the Ainu people with sake, or rice wine, and big meals. Then, he listened to a traditional yukara of the village. But at this point, he was told, "the next story shall be told upon your next visit." So only his spirit went back to the land of the gods. This is the story I read at the museum.

On another board at the museum, I found the next passage.

"Brown bears are paid the highest respect by the Ainu people as a god of the mountains. It is because the Ainu people believe that a brown bear possessed by gods of the heavens comes from a deep mountain to a kotan(Ainu village) bringing a big loaf of meat as a souvenir and wearing a nice fur coat.

Moreover, this bear god doesn't visit anyone. It appears in front of a chosen hunter, who should truely be a kind hearted, among hunters coming to nearby mountains to invite the god. The bear god is shot of himself by a chosen hunter and leaves souvenir. So the one who could shoot a brown bear thanked that he was chosen by gods."

For your information, the museum I visited is in Bear Farm in Noboribetsu. It's worth visiting and futher information about the farm is soon be uploaded.
北海道のクマはヒグマで北半球、ヨーロッパからシベリア、モンゴル、北アメリカに広く分布しています。グリズリーや灰色熊と同じ種類で、日本の一番大きな島である本州にいるクマとは別の種類です。北海道の熊は「北海道最大のけもの」「開拓の敵」とされてきました。

しかし、本来北海道に住んでいたアイヌの人々にとって熊は毛皮や食料をもたらしてくれるカムイ(神)なのです。

熊の霊魂を神の国に返す祭礼儀式はイヨマンテ(熊送り)とよばれ、アイヌの人たちにとってとても大事なものです。
地方紙の記事によるとそれは、熊の神を私たちの世界、つまり人間界に招き入れ、熊の神を神の土地に返すことで神の恵みに感謝を表す儀式なのです。その記事をさらによく理解するのに良い話がヒグマ博物館にありました。

それはユカラ(アイヌの物語)を聞きたがるクマの神という題の話です。クマの神はマツヤニ姫とトリカブト姫に誘われてアイヌの村に招き入れられます。しばらくすると松ヤニが足にまとわりつき、トリカブトの良い香りに酔ってクマの神は眠ってしまいます。目を覚ますと、死んで横たわる自分自身を目にします。トリカブトの毒とマツヤニが仕込まれた矢で射られてしまったのです。でも、彼の魂は耳の間にありました。クマの神の魂はアイヌの人々にお酒やごちそうでお祝いされます。そして村に伝わるユーカラを聴くのです。が、いいところで、「続きは今度いらした時にしましょう」と言われ、クマの神の魂だけが神の土地に戻ります。クマの神はユカラの続きを聞きにまたアイヌの村を訪ねたいと思っている。こういったお話が資料館にありました。

資料館の別のボードには以下のような記述がありました。

ヒグマはアイヌの人々からクマの神として最高の敬意を払われています。それは、天の神がヒグマに取り憑いて深い山の奥からコタン(アイヌの集落)に肉の大きな塊と立派な毛皮の外套を着て訪れるとアイヌの人々に信じられているからです。

さらに、このクマの神は誰にでも訪れるわけではありません。クマの神を迎えに近くの山にやってきた猟師の中から、本当に良い心を持った選ばれた人の前に現れるのです。クマの神は選ばれた人の前で自ら矢で射られ、お土産を残していきます。だから、ヒグマを射ることができた人は神に選ばれたとして感謝しました。

ちなみに、ヒグマ資料館は登別のクマ牧場にあります。クマ牧場についてはまた近々記事にする予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先住民族

ご無沙汰しています。北海道をガイドするのも、とても幅広く、奥が深くてチャレンジングですね。
アイヌのことは、不勉強であまり詳しくありませんが、クマを神とあがめるのですね。でもその理由を知ると、納得です。お勉強ブログ、とてもためになります!v-218

コメントありがとうございます♪

アイヌ文化・歴史について勉強中です。これから歴史についての記事も書いていけたらなぁ、と思っています。

うわぁ~!Hakodate Guide HPすごいできばえですね~~~!
すごい!すごい!
写真や動画やページ構成なんて、すばらしすぎます!

すべてはHP作成ソフトのおかげです。

お褒めに預かり光栄なのですが、ちょっとお尻がむずむずします。すべてはHP作成ソフトのおかげなのです。flashが多様されていますが、個人ではできません(;^-^A)。ソフトです。

今後も更新怠らずにがんばろうと思いますp(^-^)q
プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。