スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be careful about bears!/クマにご用心!

Bear dropping

If you are eating something, I'm sorry to tell you that the photo above is a bear dropping. I don't recommend clicking on it for a better view.
もしお食事中だったらごめんなさい。上の写真はクマのフンだったりします。クリックして写真を大きくしないことをおすすめします。

I took the photo when I participated in the walking tour in Fukushima and it was the reason I joined the tour. I feared encountering bears. If you love nature and want to explore alone or in a small group, please be careful not to bump into bears.
この写真は福島町のウォーキングツアーに参加した時に撮った物で、ツアーに参加した理由でもあります。クマに会うのが怖かったのです。もし自然愛好者で個人的に探検したいと思うのでしたら、クマに会わないようお気を付けください。

If you happen to see a bear, there are instructions below.
もしクマに出会ってしまったら、こんな方法があります。
instruction on encountering a bear

It says,
50-meter distance ~~~ safe
↓try to make yourselves bigger than the bear by holding hands with others.
30-meter~~~~blow a whistle, make big sound
↓throw your bag (to attract bear's attention to the bag)
10-meter~~~~ready bear spray(chili spray is sold at stores) or a hand axe

If it is too late, you only have to fight against the bear or guard yourself from receiving a mortal wound. Here below is a position you should take.
上記写真の通りの対処するには手遅れの場合、もう闘うしかありません。それか致命傷を負わないように身を守るしかありません。下のような体勢を取りましょう。
guard style


5.6 million people live in Hokkaido with about two thousand brown bears. It is said that no other place in the world is like here, people and bears living so closely. Actually, I was really surprised hearing so many local news stories on bears when I returned here from Tokyo several years ago.
北海道には560万人の人が約2000頭のクマと一緒に暮らしています。このような場所、つまり人とクマがそんなに近くに住んでいるという状態は他に例がないそうです。実際数年前に東京からここに戻ってきたとき、非常に多くのクマ関連ニュースを耳にして本当に驚きました。

It means that people in Hokkaido live close to nature.
北海道では自然と密接した生活を送っている、ということでしょうね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。