スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nice book markers/ナイスなしおり

When I went to a library yesterday, I found these book markers at the reception.昨日図書館にいって受付でこのしおりを発見しました。
しおりしおり2

Aren't they nice, are they? All the pictures are paper cutout created by Mr. Masanori Kanayama. They are made commemorating the 150th anniversary of Hakodate's port opening. They are manufactured by Hakodate Central Library sponsored by Hakodate Insurance Association.
ちょっと素敵ではないですか?絵は全部金山正のりさんによる切り絵です。開港150周年を記念して作られたそうで、製作は中央図書館、制作費は函館生命保険協会が出してくださっているそうです。

On finding them, I asked a receptionist if I could have all of them. Her reply was yes!, as you see on the above photo;->
見つけたときに受け付けの方に全種類もらってよいか聞いてしまいました。答えは写真をみての通り。やったね!

As for the 150th anniversary, I wanted to participate in the related events some way and renewed my web site. But a horrible thing happened after uploading the data. The following day, when I tried to add more information, I noticed my PC's hard-disc was totally crashed. I can't modify it nor add any information
150周年記念といえば、なんか私も関わってみたいかな、と思ってホームページをリニューアルしてみました。が!しかしです。最初のデータをアップロードした後で恐ろしいことが怒りました。後日情報を追加しようとしたら、なんと、パソコンのハードがあぁぁ....。お亡くなりになっていました。そんなわけでそちらには今のとこ情報追加できません。

The pictures on the web are all offered by Hakodate Central Library. I want to contrast old pictures with recent photos. I can't modify the renewed website, so I would like to use my other blog site. If you are interested, please check the other blog now and again.
ちなみにホームページの画像はすべて中央図書館の提供です。過去の画像で現在の写真を比べてみたいと思っています。そんなわけで、ホームページに手が加えられないので、もう一つのブログを使ってご紹介したいと思っています。興味がありましたら、たまにのぞいてみてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。