スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2nd day in Yakushima

What I wanted to do in Yakushima was to see the oldest and biggest Yakusugi(*) which is named Jomonsugi. To get to the place where Jomonsugi stands, it is said that you need to walk around five hours or so.
(*Yakusugi is the name given to the Japanese cedar trees that are more than 1,000 years old in Yakushima.)
屋久島に行ったのは、縄文杉と名付けられた一番古くて大きな屋久杉(*)を見るためでした。縄文杉があるところにたどり着くには5時間ほど歩かねばなりません。
(*屋久島にある杉で、樹齢千年を越えるものが屋久杉と呼ばれます。)

Since the existance of the Jomonsugi was widely recognized, many tourists, about 300,000 people have visited the island annually and the aim of most of them seems to see Jomonsugi. Through the Internet, I knew that it was difficult to avoid other tourists visiting the tree. I wanted to see the Jomonsugi in a quiet situation with fewer tourists and told my request to Mr. Fujimura, who is a local and really experienced guide.
縄文杉の存在が広く知られるようになってから、年間およそ30万人の観光客が屋久島を訪れるようになりました。その観光客の多くの目的は縄文杉を見に行くことではないでしょうか。インターネットの情報から、縄文杉を見るのに他の観光客の存在は避けて通れないことだとわかりました。そこで、なるべく静かな情況かつ、より少ない観光客のなかで縄文杉を見たいと思い、それをガイドの藤村さんに伝えました。地元で、本当に経験豊かなガイドさんです。

Following his advice, a fellow guide of him, Mr. T and I started a tour to Jomonsugi at four before dawn. We took the route through Shirataniunsuikyo(*2), which became the model of several scenes in an animation movie of Hayao Miyazaki's Princess Mononoke.
(*2 Literally it means a gorge of white valley and clouds and water.)
藤村さんの助言に従って、藤村さんと同じガイド団体所属のTさんと私は夜明け前の4時に縄文杉ツアーに出発しました。宮崎駿監督のアニメ映画『もののけ姫』の舞台になった白谷雲水峡経由のルートを取りました。

We were the first to get to the parking lot of Shirataniunsuikyo. It was sheer darkness without flashlights. After using the toilet, we started the tour. What I heard was the sound of falls and streams and just saw the back of Mr. T. At first, it was foggy, and soon it started to rain as I expected. Yakushima is famous for its precipitation rate. It is said that "it rains 35 days a month." From some guide books and information on the Internet, I knew about it. So I was wearing rain suits that I rented the previous day.  The beginning of the route reminded me of the rocky-coast I've often walked with my husband whose hobby is fishing. It was like an endless upward-rocky coast walking.
白谷雲水峡の駐車場に一番乗りでした。懐中電灯なしだと真っ暗闇です。トイレをすませたあと、歩き始めました。聞こえるのは滝と川の流れる音のみ、見えるのはTさんの背中だけです。最初、霧がかかっていましたが、まもなく雨が降り始めました。予想通りです。屋久島は雨が多いことで有名です。『ひと月に35日雨が降る』と言われているそうです。何冊かのガイドブック、そしてネットの情報でその情報は知っていたので、前日に借りた上下のレインウェアを着ておりました。最初の道は、魚釣りが趣味の夫とよく歩いた磯を彷彿とさせました。延々と登りが続く磯歩き、といった感じです。

In an hour or so, we made a stop at the rock roof and had breakfast. The photo below was taken on our way back. When I had breakfast, I didn't know where I was. There was a vacant space where six or more people stay on the other side of these rocks. It was still before dawn(The sunrise was around 6:40 at that time.), so we had breakfast with flashlight.
一時間かそこらで岩屋で休憩して朝食を取りました。下の写真は帰り道で取ったものです。朝食の時はどこにいるのかわかっていませんでした。6人、それかそれ以上の人が入れるようなスペースが岩の中にあります。まだ夜明け前(その頃の日の出は6:40頃)だったので、懐中電灯の明かりでご飯を食べました。
岩屋
Mr. T invited me a cup of wakame seaweed soup while I was eating and after breakfast, he gave me a cup of coffee. After the breakfast, we started to walk again. We crossed several streams and it rained harder. At first, I paid attention not to step in puddles, but in two hours, I gave up paying useless attention. I understood why Mr. guide wore rubber boots while I was walking behind him with totally soaked hiking shoes.
Tさんが食事中ワカメスープを用意してくれました。食べ終わるとコーヒーをご馳走してくれます。そしてまた歩き始めました。流れを何本も超え、雨も激しくなってきました。最初、水たまりを避けていてました、2時間ほどして無駄なことをするのをあきらめました。なんでガイドのTさんが長靴を履いているのか、ずぶぬれになった登山靴を履いた私は後ろを歩きながら納得しておりました。

Most hikers take easier route from the east of Jomonsugi, called Arakawa tozanguchi, or the starting point in Arakawa. There is a long flat route that was used to carry lumber from mountains.  There lies a long dolly way and I agree it is easy to walk, but boaring. Even from Shirataniunsuikyo, the north of Jomonsugi, I had to walk the dolly way about 75 minutes. If you take the route from Arakawa tozanguchi, you have to walk it for 150 minutes. The good thing taking the route from Arakawa is that you may not have to hire a guide. You don't need to worry about losing your way. Only you have to do is to walk along the rails.
たいていの人は、縄文杉の東側の荒川登山口のルートをとります。木材を運ぶために使われていた長く平坦なルートです。長いトロッコ道の道で、歩きやすいのは認めますが、退屈です。縄文杉の北からのルートの白谷雲水峡からでもそのトロッコ道を1時間以上歩かなければなりません。荒川登山口からだと二時間半です。荒川口ルートの良い点は、ガイドなしでも大丈夫なところでしょうか。迷う心配なし、トロッコ道に沿ってあるけばいいのですから。

Soon after we got the dolly way, I noticed that I didn't need my flashlight any more. The sun rose. I heard Mr. T whistle against something. There were yaku-deer! It looked like a parent and its kid. Yaku-deer and yaku-monkeys are representative animals in Yakushima and peculiar to it. They are smaller than those seen in other parts in Japan.
トロッコ道についてまもなく、もう懐中電灯が必要ないことに気づきました。日が出たのです。ガイドのTさんが何かに向かって口笛を吹いているのに気づきました。そこにはなんと屋久シカが!親子のようです。屋久シカと屋久サルは屋久島の動物の代表格で、島の固有種です。日本で見られる他のシカやサルより小さいのが特徴です。

At the end of the dolly way, there is a building with toilets. Clean flash-water toilets. We made a stop and after using it, we entered the area where you can see yukusugi here and there.
トロッコ道の終わりにトイレのある建物があります。キレイな水洗トイレです。そこで一旦休憩し、それから屋久杉エリアに突入です。

The photo below is a big stump named Wilson Stump. It is named after an American botanist who visited Yakushima in 1914. He found the stump when he took shelter from the rain.
下の写真はウィルソン株と名付けられた大きな切り株です。屋久島に1914年に訪れたアメリカ人植物学者の名にちなんで名付けられました。雨宿りをした時にこの切り株を見つけたそうです。
wilson stamp

The next photo is taken from the inside of the Wilson stump. As I had seen this heart shape in someone's photos in the Internet, I wanted to shoot it as well.
次の写真はウィルソン株の中から取ったものです。ネットで他の人がこのハート型を撮っているのをみて、同じ様に撮りたかったのでした。
heart

Can you see a branch of the trees in the following photo is connected each other? They are named Meotosugi, or a couple trees.
下の写真の木の枝がつながっているのがわかりますでしょうか。夫婦杉、と言われる木です。
couple trees

Bright brown trees are called Himeshara. It is easy to distinguish them from the others, I remembred the name soon.
明るい茶色の木はヒメシャラです。他の木と見分けるが非常に楽なので、すぐに覚えられました。
Himeshara

Then, at last, I could see Jomonsugi, the oldest and the biggest cedar tree in Yakushima. I was getting in high spirits as I was approaching the destination. Please click on READ MORE to see the photo.
そして、ついに、縄文杉を見ることができました。屋久島で一番古く大きな杉です。目的地に近づくにつれ、気分は最高潮に達しました。写真を見るには、READ MOREをクリックしてください。
Jomonsugi2
I felt really happy to see this Jomonsugi. For thousands years, this tree has existed in the deep mountains. I cannot help feeling that it is an old philosopher in the wood. My wish came true and more than I expected. I was alone when I got to Jomonsugi. Mr. T left me alone saying "Go ahead". For a while, I enjoyed the time in front of Jomonsugi.
縄文杉に会うことができて、ほんっとに幸せ感じました。何千年ものあいだ、深い山奥にこの木は存在しつづけたのです。私にはまるで森の賢者のように感じられてなりません。私の願いは想像以上にかなえられれました。縄文杉に付いたとき、私一人だったのです。ガイドのTさんは、「いっておいで」と私を一人にしてくれました。縄文杉の前で、しばしその時を堪能して参りました。

While I was enjoying my time, Mr. T was arranging for lunch boiling water with a camp stove at a summerhouse built near Jumonsugi. I remeber it was around 9:40. Mr. T told me that I was the earliest hiker to get to Jomonsugi. I believe it was because of Jomonsugi. I was really excited to be able to see it. He invited me miso soup while having lunch and a cup of tea later.
さて、その間、ガイドのT氏は何をしていたかと言うと、縄文杉の近くにある四阿で、コッヘルでお湯を沸かしてお昼の準備をしてくれていました。ちなみに時間は9時40分くらいだったと記憶しています。T氏によると、なかなかの好タイムだということです。縄文杉に会えるという思いで、元気いっぱいだったからかもしれません。ランチの時にはおみそ汁、そして食後にはまたコーヒーをご馳走してくれました。

After having lunch, other tourists came to the rest place one after another. All were soaked thoroughly. I felt chilly a little and put on a parka under the rain suits to protect against cold. Then it's time to return.
ご飯を食べ終わると、後続組がぞくぞくとやってきました。みんな雨にぬれてぐっしょりです。私も冷えてきたので、レインウェアの下にパーカーを着て防寒対策をし、帰り道に備えました。

Before getting on our return way, I saw Jomonsugi again to remember its shape well. I was impressed that Mr. T was staring it, too. Mr. T is also a local guide and I felt that Jomonsugi was something special even for local people.
帰り際にもう一度縄文杉をしっかりまぶたの裏に焼き付け、そして来た道を戻り始めました。帰り際、ガイドのT氏も感慨深げに縄文杉を見つめていたのが印象的でした。やっぱり地元のT氏にも縄文杉の存在は特別なものがあるのかな、と思いました。

On my way to Jomonsugi, I refrained from taking out my camera to avoid getting it wet. But on my way back, I could afford to take more pictures.
行きは縄文杉を撮るまでは、デジカメが雨に濡れて壊れてはならん、と出し惜しみしていましたが、帰り道は余裕が出てきて結構写真を撮りました。

The below photo is a cedar tree called Daiousugi, or King tree, because it had been the oldest and biggest until Jomonsugi was found.
下の写真は大王杉と呼ばれていて、縄文杉が発見されるまで最古・最大とされていた杉です。
Great King

According to Mr. T, the tree in the center was introduced in a TV program because it looked like Medusa, a monster in Greek mythology.
ガイドのTさんによると、真ん中の木はあるテレビ番組でギリシャ神話のメデューサに似ているということで紹介されたそうです。
Medusa

The tree below is named Okinasugi, or Old man cedar tree.
下の写真の木は翁杉と呼ばれています。
Okinasugi

You can find many falls and streams in Yakushima.
屋久島には小川や滝がたくさんあります。
stream

Mosses were really beautiful.
苔がほんとキレイでした。
green mosses

This is my favorite photo.
お気に入りの写真です。
favorite photo

Another photo of mosses.
もういっちょ苔の写真。
green mosses2

Closed up mosses.
苔をアップで。
Moss up

This rock roof below was used as one of the scenes in an animetion movie, Princess Mononoke. I had breakfast here.  From here onward, we entered the area of Shirataniunsuikyo where I couldn't see anything in the morning for darkness. 
朝食を撮った岩で、もののけ姫のワンシーンのモデルです。 このあたりから、朝は真っ暗で何も見れなかった白谷雲水峡に入ります。
岩屋

This wood is named after the movie, the Wood of Princess Mononoke.  It was around 3, but it was dim. I used a night mode of my digital camera and managed to take the photo below.
もののけ姫の森と、映画にちなんで呼ばれている場所です。3時くらいなのに、薄暗いです。夜景モードで撮影してやっとらしくみえます。
もものけ姫の森

You can find the fall below near the entrance of Shirataniunsuikyou. It is called hiryu-otoshi.  It was almost end of the long route and I felt my legs aching. Stairs were the worst place. I had to walk down the stairs showing my back to the direction I wanted to go. If I did so, my legs didn't ache so much.
下の滝は白谷雲水峡の入り口付近で見られます。飛流落としと言われる滝です。長い道のりのほぼ終盤あたりだったのですが、足が痛みます。階段が最悪で、進行方向に背中を向けて降りていました。そうすると痛みがましになったからです。
飛流落とし

At last, we returned to the parking lot of Shirataniunsuikyo. I paid 300yen at the entrance that I couldn't because it was too early in the morning and I also donated a little for the preservation of the mountains. The donation is used such as disposal of excreta. Mr. T taught me that he was working for the treatment of excreta caused by mountain hikers. Since Yakushima was designated a World Heritage site, the amount of the excreta from the toilets by the mountain huts increased and volunteers bring tanks with excreta to the montain foot. I used toilets in the mountains and I donated a little to cooperate his activitiy. If you donate money, you will be given a plate made of cedar.
ようやっと白谷雲水峡の駐車場に戻ってきました。朝、払えなかった入山料、300円を支払い、さらにトイレの処理費などに充てられる山岳保全の募金もしてきました。ガイドをしてくださったTさんから、山小屋のトイレの問題について聞いていたからです。屋久島が世界遺産に指定されてから、山に入る人が増え、山小屋のトイレの汚物処理が問題になっているそうです。山が処理しきれない量の汚物は有志の方がタンクに積んで山から麓に運んでいるそうです。 わたしもトイレを使用させてもらったこともあり、募金に協力させてもらいました。協力金を払うと杉でできたプレートがもらえます。

It was around 4 when we returned to the parking lot and Mr. T recommended me to relax taking a bath at a good onsen, or hot spring water bath on our way back to the inn. He took me to the inn first and then he took me to Kusugawa Onsen hot spring bathhouse. He left me there and picked me up one hour later. Kusugawa onsen was a small public bathhouse and the water seemed to contain sulfur. The Onsen fee was 300yen.
駐車場に戻ったのが4時前後で、 宿に戻る途中、温泉でゆっくりするようにとガイドのTさんに言われました。まず宿に戻ってから、楠川温泉に連れて行ってくれました。温泉に私を送ってくれて、一時間後に迎えにきてくれました。楠川温泉は小さな公衆温泉で、温泉には硫黄が混じっているように感じました。入浴料は300円です。

I can't thank Mr. T enough. He was with me from 4 in the morning to 4 in the afternoon. Moreover, he drove me to the Onsen. I want to thank him here on this blog. Thank you, Mr. T!
それにしても、夜明け前の4時から夕方4時まで、その後に温泉にまで連れていってくれてガイドのTさんには感謝してもしきれません。本当に感謝です。

Returning from the onsen, I went to the same restaurant I went the day before.  I had to toast for having been able to see Jomonsugi.
温泉から戻ると、前日と同じ料理屋さんに行ってきました。縄文杉に会ってきた祝杯をあげねばなりません。
としの花

The photo below is one of specialties in Yakushima, tukiage, deep-fried fish paste of flying fish. I had the dish with a larger mug of beer.
下の写真は屋久島名物、トビウオのすり身を上げた、つけ揚げです。ビール大ジョッキとともに頂きました。
つき揚げ

The second dinner in Yakushima, kushiyaki teishoku. I was surprised that they were chikin. I was so used to pork yakitori in Hokkaido.
屋久島二日目の晩餐は串焼き定食です。鶏肉にびっくり。こっち(北海道)ではヤキトリと言えば豚ですからね。
串焼き定食

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。