スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kahee Takadaya /高田屋嘉兵衛

Telling the history of Hakodate, you can never forget to mention Kahee Takadaya. Here below is his story.
Kahee & Mt. Hakodate

Kahee was born in 1769 in Awaji island, which is located south of Kobe, as a son of a poor farmer. When he was 13, he began to work in Kobe as a sailor in order to help his family.

At that time, productivity of Tokyo, which was called Edo, was not enough for its population and products of farm and factory were carried from commercially advanced Kansai area where Kyoto, Osaka and Kobe are situated.

When Kahee was 28, he stood on his own feet owning a boat and embarked a business venture. He placed a base in undeveloped Hakodate though Matsumae was much more thriving. One important reason was a port. It was well known to sailors as a very calm and safe port, nicknamed a “ropeless port”. He brought in sake, salt, rice, etc. to Ezo(former name of Hokkaido) and took out abundant local seafood such as herrings, salmons, and kelp. In those days, herrings were used to fertilize soil for rape blossoms. Rapeseed oil was widely used and there used to be a rich herring fishery in waters around here. Through his business he heaped wealth and was famous as a talented trader and an efficient sailor. Later he cultivated new course to the Kuril Islands and ran many fisheries around Nemuro, eastern coast town of Hokkaido, and still disputed Northern Territories.

In Hakodate, Kahee rendered many services to the development. He repaired streets, cultivate the land and forested trees for lumber. Besides he brought clams from his hometown to breed them in Hakodate port.

When one of big fires occurred in 1806(when he was 38), he gave the victims food and clothes and built apartments for them. He sold timber with no profit for a quick recovery. After this fire, he sank wells in his own expense asking workmen from Osaka. Lack of water used to be a problem and he donated water pumps for fires.

In Hakodate at that time, there used to be a lot of shops of ship dealers and inns, especially around Ohmachi and Bentencho area.

Kahee lived in the end of the feudal period in Japan. At that time Japan was governed by a military government called bakufu whose administrative head was a shogun. The government held a strict isolation policy for more than 200 years from the 17th to the mid 19th centuries. But it was hard to continue the policy any more. In late 18th century, Russia dispatched a trade mission (Adam Laksman with Daikokuya Kodayu) to open commerce with Japan. It was refused and then in early 19th century, another mission was dispatched and their require was refused again. International tension between Russia and Japan arose and Golownin Incident happened. It was Kahee who solve the problem.

Kahee was not only a talented trader but also a person of character and an outstanding cosmopolitan in the era.

函館の歴史を語る時に高田屋嘉兵衛は忘れてはならない存在です。

嘉兵衛は1769年、神戸の南にある淡路島に貧しい農民の息子として生まれました。13歳の時に、家計を助けるために神戸で船乗りとして働き始めます。

当時、江戸とよばれていた東京の生産量はその人口に対して十分ではなく、商業が発達していた関西地区(京都、大阪、神戸などを抱える)から農工品が運ばれていました。

嘉兵衛が28歳の時独立して事業を始めます。嘉兵衛は、より発展していた松前ではなく、未発達の函館を拠点にしました。その理由の一つが港でした。船乗りの間で「綱いらずの港」といわれるほどとても穏やかで安全な港として良く知られていました。嘉兵衛は酒、塩、米などを蝦夷(北海道の昔の名前)に運び、ニシン、鮭、昆布といった豊富な海産物を江戸に運びました。その頃ニシンは菜の花を栽培するための肥料として使われていました。菜の花からとれる菜種油が広く使われており、近海には当時ニシンの豊かな漁場がありました。その事業を通してとみを蓄え才能のある商人、優れた船乗りとして知られていました。その後嘉兵衛は千島列島への新たな航路を切り開き、北海道東部の町、根室、そして未だに解決していない北方領土周辺に多くの漁場を開きました。

嘉兵衛は函館の発展のために多くの貢献をしました。道路の修復、土地の開拓、木材のための植林を行いました。また故郷からあさりを運び込み、函館港で繁殖させました。

1806年(38歳の時)に大火が起きた時には被災者に食料や衣服を与え、長屋を建てました。回復を早くするために利益なしで木材を売りました。この大火の後、自費で大阪から業者を呼んで井戸を掘りました。水不足が当時問題になっており、火事のためのポンプを寄付しました。

当時の函館、特に大町と弁天町のあたりには多くの廻船問屋や宿がありました。

嘉兵衛が生きたのは封建時代の終わり頃です。当時の日本は幕府と呼ばれる政府に支配されていて、そのトップに将軍がいました。その政府は17世紀から19世紀半ばまで200年以上に及ぶ厳格な鎖国体制を敷いていました。しかし、その体制の維持は難しくなっていました。18世紀の終わり頃、ロシアは日本と通商を始めるために貿易使節団(アダム・ラクスマンと大黒屋光太夫)を派遣しました。その要求は受け入れられず、その後19世紀前半にも使節が派遣されましたが、それもまた拒絶されました。日露間の緊張が高まる中、ゴロウニン事件が起きました。それを解決に導いたのが嘉兵衛でした。

嘉兵衛は才能ある商人というだけではなく、人格者、そしてその時代においての卓越した国際人でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Naruhodo!

I use "lolipop" server at "aiko's optimal today""(in Japanese).

And, I have to tell to you about one more blog.

I started new blog(in my poor English) yesterday, on Rakuten blog system. I tried to trackback to your blog from the Rakten blog yesterday, so I couldn't it.

It is only a very little friend that tells the existence of my English blog...v-15

When you are free, please check itv-238
プロフィール

Akiko

Author:Akiko
Akiko lives in a city next to Hakodate and loves to drive around Hakodate and surrounding area. I hope people who visit or live in the Southwest area of Hokkaido come to love the area, too.
函館の隣町在住で道南エリアのドライブ大好きAkikoです。道南を訪れたり、住んでいる人が土地を好きになってくれたらなぁ、と思います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。